ニュース

JR東、ポイント共通化、19年めど、「スイカ」や駅ビル。

2016.03.01

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2018~19年をめどに、グループ内で24種類ある駅ビルなどの購買ポイントを統合する。電子マネー「スイカ」やクレジットカード決済でたまるポイントも共通にする。
 スイカ利用者などが同社グループの様々なポイントカードを保有するケースが多いといい、顧客の利便性を高める。同社が顧客データの精度を高める狙いもある。1800万人の会員を見込む。
 23日から共通ポイント「JRE POINT」を発行した。加盟店で利用額100円(税別)ごとに1円分のポイントがたまる。まず駅ビル「アトレ・アトレヴィ」など4ブランドの駅ビルでポイントを共通にする。3月1日に同「グランデュオ」を加える。
 
 
 日本経済新聞 朝刊,2016/02/24,ページ:13

 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ