ニュース

東電、三菱地所ホームと共同で電力料金新プラン。

2016.02.22

 東京電力と三菱地所ホームは15日、新たな電力料金プランを発表した。三菱地所ホームの全館空調システム「エアロテック」を導入した新築戸建てに、4月1日以降入居する顧客が対象。月間電気使用量が300キロワット時超だと割安になるプランなど2種類用意した。4月の電力小売り全面自由化に向けてプランを拡充し、電気契約の確保と空調システムの販売促進を狙う。
 電力会社と住宅メーカーが専用プランを共同開発するのは初めてという。4月1日から申し込みを受け付ける。東電管内の顧客向けで、使用量300キロワット時までは定額で、それを超えると単価を割り引く。
 東電が電力自由化に向けて発表した「プレミアムプラン」では400キロワット時までが定額だった。
 
 
 日本経済新聞 朝刊,2016/02/16,ページ:17

 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ