ニュース

コンサドーレ、北海道で電力小売り、家庭5万件と契約目指す。

2016.01.25

 【札幌】サッカーJリーグ2部(J2)に所属する「北海道コンサドーレ札幌」の運営会社、コンサドーレ(札幌市)は4月からの電力小売りの全面自由化に合わせ、電力事業に参入する。地元ドラッグストア大手、サッポロドラッグストアーの子会社との共同出資会社が事業を展開し、収益の一部は地域のスポーツ事業に還元する。
 コンサドーレが新会社「エゾデン」を昨年12月に設立。今年2月にサツドラ子会社が50%出資する。エゾデンのブランドを使い、インターネットで2月から道内の家庭の利用を受け付ける。まず5万件の顧客獲得を目指す。
 電力料金は2月上旬に発表する。「お得を追求したい」(エゾデンの本間哲平社長)として、北海道電力より割安な料金体系を目指すほかサツドラ子会社が運営するポイントカードと連動したサービスもする。
 
 
  日経産業新聞,2016/01/19,ページ:11

 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ