ニュース

ファミマ・ユニーきょう統合、コンビニ2位連合に。

2016.09.05

 ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス(GHD)が1日に経営統合し、新会社「ユニー・ファミリーマートホールディングス」が発足する。新会社のコンビニエンスストアの国内店舗数は約1万8千となり、首位のセブン―イレブン・ジャパンに迫る2位連合が誕生する。店舗網の拡大をテコに運営の効率化を進め、セブンイレブンを追い上げる。
 新会社ではコンビニのブランドを「ファミリーマート」に統一すると決めている。ユニーGHD傘下であるサークルKサンクスのコンビニ約6250店舗は、2018年度までに順次ファミリーマートに転換する。
 コンビニで採用する共通ポイントも「Tポイント」に一本化する方針。サークルKサンクスは「楽天スーパーポイント」を採用しているが、ファミマへの転換にあわせTポイントに切り替える。
 コンビニ業界ではセブンイレブンの日販(1店舗1日あたりの売上高)が約66万円と、ファミマやサークルKサンクスを10万円超上回る。新会社は店舗網の拡大を機に、仕入れや配送の効率化、商品開発のテコ入れを進めて収益拡大を目指す。
 新会社の社長にはファミマの上田準二会長が就く。ユニーGHDの佐古則男社長は新会社の副社長に就任する。
 
 日本経済新聞 朝刊,2016/09/01,ページ:13

 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ