ニュース

ツルハに楽天ポイント、調剤薬局除く1600店舗対象。

2016.08.08

 楽天は16日、ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD)の店舗で共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を使えるようにする。調剤薬局を除くツルハの約1600店舗が対象。楽天のポイントをためたり支払いに利用したりできる。楽天会員を実店舗に送客するとともに、新たな会員獲得を狙う。
 ツルハグループの「ツルハドラッグ」や「くすりの福太郎」「ウォンツ」「ドラッグストアウェルネス」「くすりのレデイ」などで利用できる。
 来店客がカードやスマートフォン(スマホ)の専用アプリを提示すると、楽天の共通ポイント「楽天スーパーポイント」を購入額200円あたり1ポイント付与する。ツルハグループの従来のポイントも同時にためられる。
 サービスの開始を記念して、ツルハグループでポイントを利用した消費者に総額100万ポイントを付与するキャンペーンも実施する。ツルハグループは30代から40代の顧客獲得を目指しており、楽天の主要顧客と重なる。
 ドラッグストアでは共通ポイントを導入する店舗は少なく、楽天はツルハへの導入でドラッグ業界のポイントサービスの導入にはずみを付ける。
 
 日経MJ(流通新聞),2016/08/08,ページ:7

 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ