ニュース

電力顧客、初年度40万件、東ガス、自由化で目標発表。

2016.04.18

 4月に家庭向け電力小売りに参入した東京ガスは14日、2016年度に40万件の顧客獲得を目指すと発表した。すでに24万件の契約を獲得しているが、グループのガス器具販売店の営業力を活用することで顧客増を狙う。17年春に始まるガスの小売り自由化を前に電気事業で収益基盤を固めたい考えだ。
 同日記者会見を開いた東ガスの広瀬道明社長が明らかにした。「エネルギー大競争時代の幕開けとなる16年度は東ガスにとって極めて重要な年だ」と語った。
 同社は電力自由化が始まる直前の3月中旬から電力契約数が2倍に伸び、今月4日時点で約24万2000件となっている。もっとも、広瀬社長は「4月は(契約獲得ペースが)少し落ちているようだ」と語った。関東に200以上あるガス器具販売店網などを活用して、新電力でトップの顧客数を目指す。
 福島県では風力発電の事業化を検討する。これまで電源は液化天然ガス(LNG)火力発電だったが、再生可能エネルギーを活用した発電も強化する。
 17年春には本業のガス小売りが自由化を迎える。ガス契約と電力契約を合わせたセット割で顧客を囲い込むなど、「電力事業の参入とガスの防衛をうまく組み合わせたい」(広瀬社長)としている。
 
 
 日本経済新聞 朝刊,2016/04/15,ページ:12

 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ