ニュース

KDDI電子マネーで買い物、マツキヨ、ポイント3倍。

2014.06.03

 マツモトキヨシホールディングス(HD)はKDDI(au)が導入した電子マネー「auウォレット」での買い物で、通常の3倍のポイントを付与するサービスを始めた。傘下の事業会社が運営する「マツモトキヨシ」や「ダルマ薬局」など1200の店舗が対象。ポイントの付与率を高めて利用者の来店動機にする。
 auウォレットは5月21日からサービスを開始した。事前の入金後、米クレジットカード大手、マスターカードの読み取り機がある小売店や飲食店で専用のカードをかざして決済する。通常は税込み200円の買い物で1ポイント(1円)が付与されるが、マツキヨなどの店舗では3ポイントになる。
 auウォレット500ポイントごとにマツキヨのポイントに交換もできる。
 マツキヨの店舗で対応する電子マネーは楽天Edyに次いで2種類目。同社は、反応を見ながら今回auウォレットを導入していないグループ会社が運営する「どらっぐぱぱす」などの店舗でも、同サービスの導入を検討する。
 
 
  日経産業新聞,2014/06/02,16面

 
 

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ