ニュース

Tポイント、中小店でも、CCCが割安端末、加盟促し囲い込み。

2013.11.25/p>

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、中小の飲食店や小売店に対して共通ポイント「Tポイント」の加盟を促す。20日からポイントの付与とレジ機能を合わせた割安な端末を売り出す。競合するポイント「ポンタ」などに先行して中小店を囲い込む。  新しい端末「レジプロ」はカシオ情報機器(東京・千代田)などが開発した。利用者が端末にカードをかざすとポイントを付与するほか、現金に交換して料金から割り引く。価格はPOS(販売時点情報管理)レジの半分程度となる50万円以下に抑えた。  中小店でTポイントサービスを導入するとレジとは別にポイント用の端末が必要だった。別々の端末で金額を入力する必要があり、打ち間違えや客を待たせる原因になっていた。  Tポイントは110社が加盟しており、店舗数は6万店を超える。これまでは大企業が中心だったが、利用者の利便性を高めるため地域の中小店の開拓を急ぐ。現在は約5500店の中小規模の加盟店を来年3月までに1万店に増やす。


    日本経済新聞 朝刊,2013/11/20,13面

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ