エムズインフォメーション

【プレスリリース】企業のポイントカードサービスの有効性を診断する「ポイントドック」を開始 自社のポイントサービスの課題を短期間・低価格で明確にし、改善点をアドバイス

2013.10.01

大日本印刷株式会社の子会社で、顧客とのコミュニケーションに関するコンサルティング事業を手がける株式会社エムズコミュニケイト(以下:エムズ)は、企業のポイントサービスの有効性について、独自の調査・分析と指標をもとにスピーディーかつ安価に診断するサービス「ポイントドック」を開始します。

【開発の背景】
さまざまな業界でポイントサービスが実施されていますが、実施企業にとっては運用にかかるコストに対して、その投資効果が見えづらいという課題がありました。また、今年有力企業が共通ポイントサービスに参入するなど、競争激化が予想されることから、企業が自社のポイントサービスの在り方を見直すための判断材料となる客観的な調査・分析データや指標が不足していることも課題となっています。このような課題の解決に向けてエムズは、独自の調査・分析データと指標をもとに企業のポイントサービスを診断するサービスを開始します。

【「ポイントドック」の概要】
「ポイントドック」は、競合と比較した際の自社のポイントサービスの生活者からの評価や強み・弱みを客観的に把握することができ、改善点やさらに強化すべき点などをアドバイスするサービスです。業界・業態別データなどに基づいて診断を行うサービスで、ポイントサービスを導入している企業だけでなく、これからの導入を検討している企業でも活用できます。

※診断元となるデータ
エムズが生活者に対して実施している、「生活者が支持するポイントサービスとは何か」についての定点調査・分析の結果を診断に活かしています。
調査対象企業一覧はこちら

【今後の展開】
エムズは「ポイントドック」によって、ポイントサービスに関する企業の課題をスピーディーに診断するとともに、その改善に向けたコンサルティングを行って生活者に支持されるポイントサービスの構築・運用までを支援することで、企業のベネフィット創出につなげていきます。

他の記事も読む

  • ポイントサービスとCRM実践の総合支援企業
  • 03-6431-3651

無料相談・お問い合わせ